はうぢやうき

PIGSな国でMBA中

最近の食生活

海外にいる、といっても食生活はあまりにほんと変わっていない今日この頃。

 

朝食は8個入りのブリオッシュを4つ。

昼ごはんはchoppedでサラダ。お気に入りはシーフードにパイナップルを加えてシーザードレッシング。

www.chopped.ie

 

晩御飯は基本的に学校でカップヌードルを食べる。さらにお腹空いていたら家帰って軽く野菜をレンチンしたりチキンを食べたり。

まぁ、朝から晩まで学校いるからなんですけどね。

そして外食しようにも軽くつまめるのがサブウェイとかしかなくって、それ以外の店とかコンビニの出来合いのは結構高い。

休日はというと、昼起きて、ラーメン二玉食べて学校。

夜は野菜と肉買って料理。といってもレンチン。

 

近所のLidlでジャガイモ1キロ€0.50とかであるから平日も自炊した方が安いと思うのだけれど、量が多いので消費しきれない。

こないだもアスパラを3日放置してカビ生えてきたし。。。

野菜買ったらとりあえず茹でるかレンチンしておこうと心に決めた。

 

東京で働いていた時も朝飯食べないこと多かったし。食べてもサトウのご飯で卵かけご飯かお茶漬け。

昼飯を早めに食べて、晩御飯はコンビニのサラダとかサトウのご飯とか。

 

そんな食生活でも風邪引かずにやってます。

最近暖かくなってきたダブリンより。。。

枯れた技術の水平展開

任天堂ノスタルジー 横井軍平とその時代 (角川新書) | 牧野 武文 |本 | 通販 | Amazon

読んでみた。

 

innovationとはなにか?という問いに素晴らしい答えを出していると思う。

全く新しいものを作るのは難しい。むしろ歴史上そんなないと思う。

iphonも既存の技術の組み合わせだし。

そういった点で、安易に最先端の技術を組み合わせるのではなく、

既存の枯れた、安定した技術でできそうでできなかったことをする。

これはすごいことだと思う。

 

安易な高画質、安易なアウトソースではなく、何が必要かを考え

それに沿って戦略を立てれば日本国内生産の製造業もうまくいくんではないか、

ってなところまで言及している。

 

枯れた技術の水平展開って、英語でいうと

Lateral thinking of mature technology

でいいんですかね?

Kindle Unlimited

Kindleで読みたい本が1200円、でもその本unlimitedで読める。

じゃあunlimitedやってみよう!

 

ということでやってみたunlimited。

想像以上によいですね。

気になったのをダウンロードして、サクッとスキミング

買った本だと貧乏根性で全部読もうとするけれど、

この形だと取捨選択がしやすい。

 

アカウンティングや経済学、流通、英語

そこら辺を流し読み。

 

これはいいものだ。

街とタバコの関係

海外は屋内禁煙でパブとか言っても臭いつかないからいーねーと思ってる人が多い気がする。

たしかに、屋内は禁煙だけど逆に屋外は喫煙可。

歩きタバコしまくりなのです。

なのでバス街とかしてると周りでぷかぷか吸ってる人多い。

さらにパブでは吸えないからと、外に出て吸ってる人もかなりいる。

ポイ捨てしまくり。

 

つまり、厳格に屋内禁煙のため屋外はほぼ無法地帯みたいな感じ。

どっちがいいものなのか。

私は吸わないので厳格化しても良いと思ってます。

VR初体験

HTCのVR、VIVEを触ってみた。

 

VRって想像以上で楽しい。文字書いたり、絵を描いたり。

文字が3Dで見えるのってなかなか新鮮。

 

問題はセットアップに時間がかかるのと、VR装着時に周りが見えないこと。

VR使用時に結構動いたりするので広いスペースが必要。それがないと周りにぶつかるので現実世界の周りが見えたら便利だなぁと思った。

 

操作性は慣れの部分が大きいと思うけれど、コントローラーに改善があるといいかも

VR機器の黎明期、ということで体験すると面白いけど、しばらく一般には普及しないだろうなぁ。

パワーポイントの心構え

文字が多すぎるパワーポイントを見てイラっとしたので

久しぶりにThe Zen of Pythonをみる。

やはり、物事はシンプルにしたい。

プログラムも、パワーポイントも

 

Beautiful is better than ugly.
Explicit is better than implicit.
Simple is better than complex.
Complex is better than complicated.
Flat is better than nested.
Sparse is better than dense.
Readability counts.
Special cases aren't special enough to break the rules.
Although practicality beats purity.
Errors should never pass silently.
Unless explicitly silenced.
In the face of ambiguity, refuse the temptation to guess.
There should be one-- and preferably only one --obvious way to do it.
Although that way may not be obvious at first unless you're Dutch.
Now is better than never.
Although never is often better than *right* now.
If the implementation is hard to explain, it's a bad idea.
If the implementation is easy to explain, it may be a good idea.
Namespaces are one honking great idea -- let's do more of those!

料理教室

授業の一環で料理アカデミーでみんなで料理を作った昨日。

 

そこでわかったのは、まず包丁が違う。

日本から持ってきたものと比べると厚い。そして押して切る。

力を入れないと切れないイメージ。

あと、模様。波紋?的なやつがあるにはあったけれど、何か違う。デコボコしてる。

 

あと、案外みんな料理出来ない。

新しい発見。