はうぢやうき

PIGSな国でMBA中

書評

鹿の王

積ん読になっていた鹿の王を読了。 精霊の守り人はアニメで見て、獣の奏者は小説で読んでからの鹿の王。 獣の奏者同様に人間ドラマ+動物という感じのストーリー。 まさかの細菌が出てくるとは思わなかった。電気もないのに。 非常に面白かったのだけれども…

アメリカの鏡・日本

久しぶりに書評を。 アメリカの鏡・日本 Amazon CAPTCHA 占領時代にマッカーサーに発禁された本との副題がついている。 日本の近代化から第二次世界大戦までをアメリカ人の視点から、デファクトスタンダードの国際法に則って振り返った本 明治維新で不平等条…

枯れた技術の水平展開

任天堂ノスタルジー 横井軍平とその時代 (角川新書) | 牧野 武文 |本 | 通販 | Amazon 読んでみた。 innovationとはなにか?という問いに素晴らしい答えを出していると思う。 全く新しいものを作るのは難しい。むしろ歴史上そんなないと思う。 iphonも既存の…

今年読んだ本

まとまっていないけれど今年読んだものを。 たぶん、50冊くらい。 英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる 内向型人間のすごい力 ざっくりわかるファイナンス 戦後経済史は嘘ばかり 漫画でわかる統計学入門 池上彰の「ニュースそこからですか」 バリュエーシ…

書評 〜電通と原発報道〜

テンポよく読めた一冊 Amazon.co.jp: 電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ eBook: 本間龍: Kindleストア 昨今いろいろと騒がれている広告業界 ・ボンカレーがTV広告やめてネットだけにしたら広告費6割減なのに売上アップ…

書評

言ってはいけない - 残酷すぎる真実- 久しぶりの読書。 不愉快だけれど真実、って感じの事がたくさん。 アメリカにおける黒人と白人の平均的なIQは違う。 違うけれどもIQが同じ場合人種間で差はほとんどない。 しかし、現在アメリカで行われている”平等”は数…

書評

書評というか、映画評。 前から見たかった東京原発。 Amazonプライムビデオで見た。 内容としては毒をもって毒を制す。的な話。 極論・暴論を出せばそれに伴い注目度が増して考えるようになる、と。 詳細な原発のメリット・デメリットは置いておくとして、 …

読書日記

久しぶりに読書を再開。 www.amazon.co.jp 軽い気持ちで読んだけれどもなかなかに興味深い。 ・ガンダムは最強 ・アニメはものすっごく強い ・ダイレクトマーケティング ・ガンダム最強 すでに一定数の顧客が見込める上にアニメ=宣伝にもなっている。 だか…

書評

久しぶりに真面目に本を読んだ。 といっても、以前文庫で読んだのをKindleで再読。 元外交官の方が書いたアイルランド本。 文化、歴史から近年の国際貢献・経済まで。 先日イースター蜂起の100周年だったし、来年は日愛国交樹立60周年だしと。 遠そうに見え…

週末TED

この、思えば叶うのTEDが好き。 TED x Sapporo 植松さん www.youtube.com ほんと、案外一歩踏み出せば行けるんだよね。 宇宙兄弟じゃないけれども、いつも自分の夢を諦めるのは自分自身。 面白そうな方へ行けるようにこれからもがんばる。