はうぢやうき

PIGSな国でMBA中

海外で医者のお世話になるの巻

さて、銀歯が取れてしまった翌日。

実際に行ってみましたアイルランドの歯医者さん。

歯医者さんは朝8時からやっているとのことなので8時半くらいに予約の電話をする。

無事、13:15からの予約が取れる。

日本だったら当日の予約とかほぼ無理なのにすごいと感心する。

 

そして学校で用を済ませていざ歯医者へ。

まず、入り口でつまづく。

呼び鈴を押せとあるけれど、押しても誰も出ない。

不安になってもう一回呼ぶとようやく中から人が出てきた。

- せめて通話とかできるようにしてないのかなと思った。

 

で、軽く最初の診察時に聞かれるような内容を書く。

ここら辺は日本と同じ。

そしてしばらくすると先生がやってきた。

まずは自己紹介して、握手。そして雑談。

その後診察台へ行って、他の歯に虫歯がないかをチェック。

特に問題はなかったので早速銀歯をはめる作業。

 

銀歯はやはりこちらでは珍しい様子。

先生も、日本人を治療するとよく見るんだよねぇ〜って。

まぁ、基本はセラミックですからね。

 

そして、ラバーダム?なる緑のシートをつけて治療。

と思ったらうまくハマらなかったようで、結局そのシートは使わないことに。

楽しい経験だったからいいけど。

 

で、日本の歯医者さんみたく、

セメントつけて、

銀歯はめて、

乾かして、

みたいな一連の流れ。

 

結局30分ちょいの治療で€120って感じでした。

ちなみに銀歯のことをcrownって言ってたらcrownじゃなくて、inlayっていうんだよって教わった。

アイルランドだけど、ダブリンだけど、時間通りにきっちりと治療してもらえて満足。

その後、ブリトー食べたりしてものをきちんと噛める幸せを味わいましたとさ。

 

なかなか綺麗な歯医者さん。

f:id:civet_cat:20170607072542j:plain

f:id:civet_cat:20170607072552j:plain